お問合せから納品までの流れ

点検を定期的に行うことで、トラブルの発生を最小限に抑えることが可能です。
トラブルを防止するためには、まず機械を扱うオペレーターの方が、その機械に応じた点検項目を作成し、
正常の状態を把握していただくことが大切です。
点検の際、異常があれば当社までご相談下さい。異常音・異常動作をいち早く見つけることが、
安定操業に繋がると共に、設備維持における最大のコスト削減となります。

  • 1 お問合せ・ご相談

    機械の情報・状態をできるだけ詳しくお教えください。

    【機械装置の情報について】
    ・ 装置の用途
    ・ 装置の機器番号など

    【変速機・減速機の情報について】
    ・異常内容
    ・製作メーカー
    ・製作年月日
    ・ 型式
    ・図面・組立図があればご準備下さい
    ・ 交換部品の有無
    ・過去の整備履歴・整備記録があればご準備下さい

    以上の情報・資料に基づき、修理内容を検討させていただきます。

  • 2 異常部の確認

    お客様での変速機・減速機の取り外しが可能であれば、取り外したものを弊社まで送付していただきます。
    また、取り外し出来ない場合には弊社スタッフがお客様の所に伺い、異常部を確認いたします。
    ※交通費は実費ご請求させていただきます。

  • 3 見積もり

    お客様より入手した情報や資料、現物の確認を基に、修理料金のお見積もりを作成します。
    お見積りにご納得いただいた後に修理を進めさせていただきます。
    ※さらに詳細な調査が必要な場合には、分解検査の後の見積もり作成となります。

  • 4 分解検査

    変速機・減速機を分解、検査し、異常部の状況を確認・記録します。

    【主な検査項目】
    ・外観検査
    ・歯当たり検査、バックラッシの測定
    ・入出力軸の振れ測定
    ・寸法測定(図面がある場合のみ)  等

  • 5 修理・補修 新規製作

    検査にて不具合が認められた場合は、お客様とお打合せの上で最適の方法で、補修・新規製作などにより修理を行います。

    【主な修理項目】
    ・軸受・歯車嵌合部の摩耗・損傷修理
    ・オイルシール部の摩耗・損傷修理
    ・歯車の摩耗・損傷修理 等

  • 6 組立・試運転

    必要な修理を施した上で、変速機・減速機の組立調整を行います。
    分解時と同様に各種検査を実施いたします。
    また組立後に実回転にて、無負荷試運転を実施します。
    お客様の工場で安心してご利用出来る様、新規製作の変速機・減速機に近い基準で試運転の判定をします。

  • 7 納品

    修理完了した変速機・減速機を、お客様の工事工程・重機計画に合せて、納品させて頂きます。

  • 8 アフターサービス

    ダルマテックで修理させて頂いた変速機・減速機のデータや資料はしっかり保管させて頂きます。
    過去の修理状況のお問い合わせ、将来の整備計画のご検討時には、このようなデータ・資料が大きな役割を果します。